労働問題

よくある労働問題のご相談

暗に退職を示唆するような嫌がらせを受けている
中間管理職でも残業代請求は可能なのか
産休や育児休暇に対する理解がない

弁護士に相談するメリット

弁護士佐藤

不当な人事や残業代の未払いは明らかな違法行為であり、法的手続を採れば、ほとんどのケースでこちらの主張が認められます。ただし、実行するには想像以上のパワーが求められるでしょう。弁護士なら、企業と個人のあいだに立ち、労働者が持つ本来の権利をスムーズに取り戻します。

ケース紹介

残業代請求のケース

法律相談で何がわかるのか

残業代が請求可能かどうかと、金額についての大まかな目安。

ご相談内容

支払われていなかった残業代がどのくらいの額なのか調べてほしい。それによって退職を検討したい。

当職のアドバイス

未払い分の賃金には、2年間の時効があります。したがって、原則として、この間に発生した時間外労働分が請求対象額となります。タイムカードのコピーがあれば具体的な時間が割り出せますが、入手できないのであれば、勤務していたことをうかがわせるその他の資料(メールの送受信記録)などでも構いません。

ポイント

ご相談の際には、就業規則をご持参ください。極めてまれですが、内容によっては請求できない場合もございます。

不当解雇のケース

法律相談で何がわかるのか

ほのめかしを真に受ける必要はないこと。いざとなれば、こちらが有利な状況で交渉を行えること。

ご相談内容

「君のような人間は、この会社に必要ない」と言われたが、解雇通告と受け取るべきだろうか。

当職のアドバイス

即時解雇は、まず無効と考えて差し支えありません。言い回しが微妙な場合、翌日も、通常どおり出社してみてください。いきなり弁護士が介入すると、言い逃れをされるかもしれません。より直接的な言い方に変わったら、必要な措置を講じていきましょう。この場合、ご依頼者が復職を望まない限り、解決金の支払いをねらって動きます。

ポイント

業務上のミスなどを犯してしまうと、その罪悪感から、態度が萎縮してしまうかもしれません。しかし、ミスと解雇では、バランスが全く釣り合わないのです。不用意に書面などへサインをしてしまわないよう気をつけてください。

セクハラ被害のケース

法律相談で何がわかるのか

証拠集めが重要。盗聴とは異なり、録音した音源は法廷で十分な証拠になり得ること。

ご相談内容

会社の上司から交際を迫られ、断わってもやむ気配がない。

当職のアドバイス

セクハラの事実を立証するために、録音を試みてください。タイミングが難しいと思われるかもしれませんが、最近のICレコーダーは性能が向上しているため、始業時からスイッチを入れておいても持つでしょう。こうした行為を「盗聴ではないか」と心配される方がいらっしゃいますが、自分がその場で見聞きしている様子を記録するものであり、「盗聴」には該当しません。

ポイント

セクハラが認められれば、慰謝料請求が可能になります。おおよその相場ならお伝えできますので、合わせて参考にしてみてください。

法律相談のススメ

お悩みを独りで抱えていても解決しません。企業と個人の力関係が気にかかるのであれば、弁護士をお役立てください。代理人として責任を持った交渉をいたしますので、相手と直接顔を合わすこともないでしょう。嫌な思いをした直後が、ご相談のベストタイミングです。

  • 小さなことでもまずはお気軽にお電話下さい。初回相談30分5,000円(税抜) 土日祝・夜間の相談可能 即日相談可能 営業時間:平日10:00~18:00 土日・夜間の相談可能(事前予約必須) 住所:東京都新宿区西新宿6-12-6 コアロード西新宿203号室 アクセス:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩5分
  • 03-3343-6088 弁護士佐藤をご指名下さい
  • 24時間受付中 ご質問・お問い合わせはこちら
  • ちいさなことでもまずはお気軽にお電話下さい。初回相談30分5000円(税別) 土日祝・夜間の相談可能 即日相談可能 営業時間:平日10:00~18:00 土日・夜間の相談可能(事前予約必須) 住所:東京都新宿区西新宿6-12-6 コアロード西新宿203号室 アクセス:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩5分
  • btm_bn02_sp.png
  • 24時間受付中 ご質問・お問い合わせはこちら