債務整理

よくある債務整理のご相談

借金を返すだけの人生から抜け出したい
破産をすると、かえって生活しづらくなるのではないか
借金をしていることが恥ずかしく、なかなか相談しようという気にならない

弁護士に相談するメリット

弁護士佐藤

債務を減免することで、人生に希望が持てるようになるでしょう。「借りたお金は返さないといけない」と思われるかもしれませんが、憲法により、幸せな人生を追い求める権利が保障されていることも忘れないでください。弁護士が人生の再スタートをお手伝いいたします。

ケース紹介

自己破産のケース

法律相談で何がわかるのか

破産をしても人生が終わるわけではないこと。むしろ、現金が底をつかないうちに手続きを進めた方が好ましいこと。

ご相談内容

借りたお金を返せないが、破産には抵抗感がある。どうすればいいのだろう。

当職のアドバイス

まずは、過払い金の有無を確認してみましょう。もし発生していれば、この過払い金を他社への返済の元手とすることで、返済の負担が軽減されるかもしれません。仮に破産手続きを進めるとしても、実質的なデメリットはほとんどないのでご安心ください。破産の事実が戸籍に載ったり、選挙権を失ったりすることはございません。就ける職業に制限が加えられますが、一時的なものです。また、99万円までの現金や必要な家財は残しておくことができます。

ポイント

連帯保証人をお願いしている場合、その方に迷惑がかかることが考えられます。資力によっては、同時に破産手続きを行った方がいいでしょう。詳しくはご相談ください。

任意整理のケース

法律相談で何がわかるのか

ご本人の可処分所得を超えないような債務返済プラン。

ご相談内容

返済条件をある程度緩和してもらえれば、完済する自信がある。しかし、個人が金融機関に頼んでも、なかなか耳を貸してくれない。

当職のアドバイス

金融機関の立場になって考えると、債務者に破産されるより、利息をカットしてでも元本を回収した方がメリットになるでしょう。こうした話を弁護士から切り出せば、それだけ真実味が増します。ぜひ交渉をお任せください。

ポイント

任意交渉は、裁判所による判決とは異なり、強制力を持ちません。あくまで「任意」の話し合いであることにご留意ください。ただし、過去の経験から、ある程度の見込みを持ったご提案をいたします。

過払い金請求のケース

法律相談で何がわかるのか

手続きに必要な費用がわかります。なお、債務整理に限っては相談料無料です。

ご相談内容

「違法金利」という言葉に聞き覚えがあるが、自分では調べようがない。また、弁護士に依頼するとしても、費用を支払えるかどうか心配。

当職のアドバイス

過払い金の確認をご本人が直接行う必要はありません。弁護士なら、金融機関に対して開示請求を行うことができますので、自動的に判明します。なお、過払い金請求を行った場合の弁護士報酬は、取り戻した金額の中で収めます。別途ご用意いただく必要はございません。

ポイント

それでも費用が心配であれば、「法テラス」のご利用が可能ですので、ぜひ検討してみてください。

法律相談のススメ

自己破産には、上記の他にも、一時的にカードが作れなくなったり新たなローンが組めなくなったりするリスクがあります。ご依頼者の生活スタイルによっても、選ぶべき選択肢は異なってくるでしょう。まずは、可処分所得より返済額の方が上回った段階で、一度ご連絡ください。何ができるのかを一緒に考えていきましょう。

  • 小さなことでもまずはお気軽にお電話下さい。初回相談30分5,000円(税抜) 土日祝・夜間の相談可能 即日相談可能 営業時間:平日10:00~18:00 土日・夜間の相談可能(事前予約必須) 住所:東京都新宿区西新宿6-12-6 コアロード西新宿203号室 アクセス:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩5分
  • 03-3343-6088 弁護士佐藤をご指名下さい
  • 24時間受付中 ご質問・お問い合わせはこちら
  • ちいさなことでもまずはお気軽にお電話下さい。初回相談30分5000円(税別) 土日祝・夜間の相談可能 即日相談可能 営業時間:平日10:00~18:00 土日・夜間の相談可能(事前予約必須) 住所:東京都新宿区西新宿6-12-6 コアロード西新宿203号室 アクセス:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩5分
  • btm_bn02_sp.png
  • 24時間受付中 ご質問・お問い合わせはこちら